アイロンプリントシートや昇華転写紙、プリンタ、インクジェットメディアの専門店【電脳ザウルス】-よくある質問

アイロンプリントシートや昇華転写紙、その他溶剤用資材や、オリジナルグッズの無地素材、グッズを作る大型、小型の機械やシステムなどを販売しています【電脳ザウルス】

お気軽にお問い合わせください

TEL0778-51-8578

9:30〜12:00/13:00〜17:00(土日祝日のぞく)

FORMお問い合わせ

24時間受付

お気軽にお問い合わせください

9:00〜18:00(土日祝日のぞく)

よくある質問
溶剤用メディア全般に関して
どのような用紙でも印刷できますか?
溶剤用の加工がされた用紙に印刷を行います。
対応していない場合、インクがはじいたり、滲んだりします。
溶剤用の出力物は屋外で使えますか?
溶剤用のメディアは屋外用で使用できるメディアが多くあります。
塩ビ合成紙ターポリンなどは耐候性、耐久性、耐水性が高く屋外での使用も問題ありません。
さらに塩ビ合成紙ラミネートをかけていただくとより一層屋外で強くなります。
ポスターペーパーによくある質問をまとめました
◆印字面がくっついている
  ◇保管場所が湿度、高温になる場所を避けてください
  ◇寝かせて保管していませんか?立てて保管してください

◆表面に1、2mmくらいのピンホールがいくつかある
  ◇ポスターペーパーは1、2mm程度のピンホールはあります
  ◇5mmくらいのピンホールがいくつもあれば交換対象となります
溶剤用ポスター合成紙(糊なし)によくある質問をまとめました。
◆巻取り機を使うと乾燥が遅くて写ってしまうのですが
  ◇温度を高くしてRIP上にてインク量を10%〜15%減らしてみてください
水性合成紙裏グレーによくある質問をまとめました。
◆ベタ印刷をすると所々ムラになる
  ◇プリンタヘッド、送り補正、ドット位置補正の確認をしてください
  ◇中間色の場合、プラテン温度、室温を低くしてください
耐久ターポリンによくある質問をまとめました。
◆施工後、数ヶ月でやぶける
  ◇風当たりの強い場所に施工する場合はハドメのピッチを短くして下さい。

  ハトメのピッチを広くすると、風のばたつきがおきて破れやすくなります。
耐候性のある溶剤用メディアでもラミネートは必要でしょうか?
溶剤用メディアであってもラミネート加工をお願いいたします。
耐候性、耐久性があがります。
また、UVカットありのラミネート加工ですと、退色も防ぐことが可能です。
なぜ裏面がグレー糊なのでしょうか?
透明糊とグレー糊の違いは隠ぺい性になります。
透明糊の場合、施工面の内容が透けて見えてしまう場合があります。
強粘着糊がはがれてしまうのは何故ですか?
強粘着糊ですが、施工直後は剥がしやすい糊となっています。
時間の経過とともに糊が強くなり、1日程度経過すると剥がしづらくなります。
再剥離の要素がないため、剥がす際はヒートガンやドライヤーなどで温めて剥がす必要があります。

正しい施工で剥がれてしまう場合は、施工面が汚れていた、または、凹凸があるなどの要因が考えられます。
印刷時にうまくインクが乗らない場所があります。
素手で触った場所は、手の油がついてしまい、インクが弾いてしまうことがあります。
メディアを触る際は紙管や、印刷に影響のないところを持つようにしてください。
それ以外の場合、表面に何か違和感がないかご確認ください。
用紙が波打ち(コックリング)します。何か方法はありますか?
防止策として、インクの塗布量を下げる、温度を上げる、用紙の厚みを変更するなどをご検討ください。

用紙が波打ちを放置するとヘッドを擦ってしまい、印刷物がダメになります。
また、それだけでなく、ヘッドに傷をつけてインク詰まりを起こすこともあれば、用紙を噛んでしまい最悪ヘッドを故障させる原因になります。

防炎メディアは防炎認定がとれているということでしょうか?
防炎メディアはそのメディアそのものが防炎ということです。
印刷物(インクが乗った状態)が防炎認定を受けるためには、お客様自身で印刷物を提出し、防炎認定を取ってください。
メディアの短期用、中期用、長期用とは何ですか?
メディアの耐久性(耐候性)のおおよその目安です。
短期用で1年、中期用で3年、長期用で5〜10年とあります。
ただし、日本の気候や環境(雪、海岸沿いの潮風)などによっても左右されますので、目安としてお考え下さい。
塩ビは縮みが発生しやすいため、使用する際はラミネートをかけてください。
メディアが乾燥しない
1:適切なプロファイルが使用されているか確認してください。
2:ヒーターの温度の調整をしてください。
3:室内を適切な温度に保ってください。
4:フロントに温風機などの用意をしてください。 メディアと季節によっては乾燥しづらく、巻き取り時に裏移りが発生する場合があります。
まずはプロファイルの確認と、ヒーターの温度の調整をしてみてください。
1370以上の塩ビのインクジェットメディアはありますでしょうか?
大変申し訳ございません。
弊社での取り扱いがございません。
1370以上のメディアは幕関係のものになります。
主にターポリンやクロスでの対応となりますのでご了承ください。
「よくあるご質問」で解決できなかった場合は気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームへ
受付時間:24時間
※2営業日以内にご連絡いたします
0778-51-8578
受付時間:9:30〜12:00/13:00〜17:00
営業日:月〜金 休業日:土日祝及び弊社休業日
お問い合わせフォームはこちら

カートの中身0

現在、お買い物かごに商品は入っておりません。