プリントサービス姉妹サイト
プリンタ・サプライ販売姉妹サイト

昇華印刷と3D昇華転写(立体物への昇華転写)について


昇華転写と3D昇華転写(立体物への印刷)について

昇華転写について

綺麗な昇華印刷一覧

昇華転写とは、昇華インクを用いた印刷方式です。インクに熱をかけることで、インクが気化しポリエステルの素材に定着ことで、発色させる技法です。 
生地の場合はポリエステル素材が含まれているものに印刷が定着しますが、ポリエステルの割合が減るに従いインクのノリが悪く、発色が悪くなります。 
また、昇華転写に使うことができる専用のマグカップなどの陶器には、表面にポリエステルの層が準備されています。逆にどんなものでもポリエステルの層を塗布することで印刷ができるようになります(ただし耐熱素材に限ります)。昇華転写は白のインクが使えず、ポリエステルの表面に通常の4色のインクで印刷をするため、濃い素材には印刷は行わず、薄い色に対して印刷します。発色を綺麗にするために昇華転写で利用する素材は原則白となります。

近年ではユニフォームや浴衣などが昇華転写で簡単に作ることができるため人気です。 昇華転写は版がいらないため、フルカラーのものが1つから対応できるのが特徴です。
昇華では通常200度前後の熱をかけることで気化するのですが、一度定着したものでも再度熱をかけると再昇華されてしまいます。そのため出来上がったものに関しては熱をかけないよう注意が必要です。たとえばアイロンや乾燥機などは使わないよう心がける必要があります。



昇華転写印刷とは

その名の通り、昇華転写時に転写紙を使う方法です。一度転写紙にミラー印刷(反転印刷)を行い、その転写紙を目的の対象物(ポリエステルまたはポリエステルの加工されたもの)に貼り付けて、熱をかけます。 転写紙を使わない方法として、ダイレクト昇華がありますが、対象物は直接昇華インクが印刷できるように前処理された布地になります。通常前処理を行わないとインクが綺麗にノリません。



昇華転写での質について

昇華転写の質は、プリンタ、インク、対象物、転写紙、そしてリップ(ソフト)の5つで決まります。 プリンタは印刷の精度、インクは発色や抜け、対象物はノリ具合、転写紙は作業性と転写効率、そしてソフト側でそれらをすべてのバランスを調整します。
重要なのはリップソフトで、いくらプリンタやインクや転写紙が良くても、その3つをうまく使うリップソフトがしっかりしていない場合、最大限の性能を発揮できないことがあります。 逆に言うと、ソフト側でしっかり制御することで、プリンタやインクの不満が大きく改善する場合もあります。 通常プリンタについているプリンタドライバではなかなか細かい設定ができないため、ひとつひとつに細かい設定が出来るリップソフトが大きな役割を持っています。
格安プリンタなどで購入できる商品はリップソフトがなく標準プリンタドライバの場合が多いです。

昇華印刷時の品質はRIPソフトが決め手
RIPソフトにてコントロールすることで、蛍光インクも適正な量で綺麗に印刷が可能です。



昇華転写に使うインクについて

インクによって昇華温度が変わります。ある一定の高さの熱を加えないと綺麗に定着しない昇華インクがありますので昇華インクなのに色移りが悪いなと思ったら、一度さまざまな温度をお試しください。
一般的に温度を下げた際、温度を下げた替わりに、時間をかければ転写されることがありますが、温度がある一定値を超えないと反応しない場合があります。
また、インクを見るポイントとしては昇華温度の他に、生地への昇華転写後の洗濯堅牢度が重要になってきます。
弊社のインクは基本的に洗濯堅牢度が十分であり、実生活に問題ないものを用意しております。



昇華転写に使う転写紙について

一般的に転写紙には糊付きと糊なしがあります。
生地には転写中のズレ(ゴースト)を防止するため糊付きを使うことが多いのですが、糊付きを使うと転写紙を剥がす際に生地を痛める可能性があり、注意が必要です。
なお、逆に生地以外の陶器や紙などに対して糊付きを使うと、糊の成分が邪魔をして印刷にノイズが出るなど印刷が荒れる場合がありますのでご注意ください。
その他転写紙を選ぶポイントは、「印刷時にゆがみ、コックリングが出ないか」、「乾燥性が良いか」、「転写効率が良いか」、「インクのノリが良いか」、「これまでとの色が変わらないか」などの項目があります。乾燥性と、インクのノリに関しては相反するものなのでどれを優先させるか、バランス良く考える必要があります。色味に関してはリップソフト側で制御することがある程度可能ですが、それ専用にプロファイルを調整する必要があります。このあたりはご相談ください。



昇華に使う素材と適正温度について

昇華をする素材ですが、生地をはじめとしていろいろな商品があります。原則、ポリエステル素材のものにはインクがノリます。
ただし、注意する点としては熱に耐えれるか、また印刷が綺麗に出る適正温度は何度なのか、この項目に関してはそれぞれ検証が必要です。適正温度は仕上がった商品をお客様がどう考えるかによっても変わります。それぞれお客様が納得できる仕上がりになるものが「適正温度」になります。
また、インクの部分でも触れましたが、インクによっては温度によって反応しない場合があります。そのため高温でしか反応しないインクは低温での商材に適していない場合があります。
ただし、高温しか反応しないインクはかなり珍しく、今まで1件確認しただけです。



昇華転写方法について

熱のかけ方ですが、通常は熱い熱板を持った熱プレス機にて圧力をかけながらプレスします。しっかり生地に圧力をかけることで、ズレなく綺麗な仕上がりになります。
この場合ですと圧力をかけてしまうため基本的に平面のものが仕上がります。また、もともとボリュームのあったタオルなどもほとんど薄いものになることが多いです。
ポイントは転写紙と密着できるかどうかです。
昇華転写 印刷 圧着 GFH-380


3D昇華転写について

3D昇華転写とは、立体物に転写紙を密着させ熱をかけて印刷する方法です。3Dの立体物に昇華転写する際は前述の通り、いかに転写紙を対象物に密着できるかがポイントになります。
通常3Dプレス機で昇華転写印刷をする場合、バキュームにて機内を真空にして、シリコンラバーを対象物に密着させます。密着させる際に、うまく転写紙を間に挟むようにします。

iPhoneカバーを例にすると、動画の最後にバキュームで吸い取っている画像が流れます。


また、マグカップなどの筒状のものに対しては特殊なラバーを使い転写紙を密着させます。

緑のラバーマグカップ用のラバーですが、このラバーに転写紙を挟みこむとしっかりと密着して綺麗に印刷ができます。
3Dプレスのポイントもやはりしっかりと転写紙と密着できるかどうかになります。
元来3D昇華プレスの機械は大型が多かったのですが、卓上型の3Dプレス機が出て使いやすくなりました。

デモも行っていますので是非一度ご連絡ください。
0778-51-8578 システムグラフィまで

 

3D昇華プリントシステム・機械のご案内

◆テキスタイラス3D400
A2サイズのプリンターのシステムで、スロット数が多く、蛍光インクをフルカラーと同時に使う事が出来るのが特徴です。
◆テキスタイラス3D200
A4サイズのプリンターのシステムで、初期導入費用を抑えたい方や、A4サイズのプリントで十分という方にオススメです。
 ◆3D昇華プレス機
3D昇華プレス機本体のみの販売となります。既にプリンターをお持ちの方や、機械の買い替えの方にオススメです。

昇華転写用グッズはこちら

昇華印刷用グッズが大量入荷しました。

昇華印刷用iPhoneケースはオリジナル商品に最適です。 昇華印刷用iPhoneケースに蓄光タイプが登場しました。 iPad用 iPhone・iPadの昇華印刷に必要な金型(ジグ)はこちらから。
インクがきれいに乗る高品質の昇華印刷用マグカップです。 マグカップ専用の箱で、カップを固定出来るアメリカンロック式です。 昇華印刷用のコースターで、コースターホルダーもご一緒にどうぞ。 様々な素材のパネルをご用意しています。
様々なタイプの昇華印刷用クロックをご用意しています。 様々な素材と形状の昇華印刷用タイル・プレートをご用意しています。 今人気の昇華印刷用のジグソーパズルをご用意しました。  
商品検索

こちらから商品検索ができます。

機械から探す 資材から探す 昇華グッズから探す 使い方動画から探す
電脳ザウルスのセール品情報
中古品を売るなら中古品.com
大判出力の自動見積・ご注文
お問い合わせはこちら
営業案内
営業日/月〜金
休業日/土日祝及び弊社休業日
TEL 0778-51-8578
受付時間/AM9:00〜PM6:00
(メール、FAXは24時間受付可能ですが、返信は営業日内となります)
株式会社システムグラフィ
〒916-0038
福井県鯖江市下河端町414

営業カレンダー

2016年 12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31