パウチラミネートとコールドラミネートの違い

お気軽にお問い合わせください

TEL0778-51-8578

9:00〜18:00(土日祝日のぞく)

FORMお問い合わせ

24時間受付

お気軽にお問い合わせください

9:00〜18:00(土日祝日のぞく)


ラミネーターの種類について

一般的なラミネーターと業務用のラミネーターについて

一般的にラミネーターと呼ばれる機械には様々な種類があります。
ラミネーターについて、お客様が求めているものが何か、ご確認ください。

一般的なラミネーター

一般的なラミネーターはローラーの本数で仕上がりが変わります。ホームセンターで購入できますが、大体ローラー2本の簡易タイプになります。

業務用ラミネーター

業務用ラミネーターはロールフィルムを使い、サイズを問わず、連続運転が可能です。

業務用のラミネーターはロールタイプのフィルムを使い、1辺のサイズを問わない運用が可能です。

>>お任せで相談する


一般的なラミネーターにない業務用のラミネーターのメリット

  • ロールだから、サイズにこだわらない
  • 連続運転が可能で、たくさんの加工が可能
  • 熱を使わないラミネーターがあり、紙以外のシートに加工可能。
業務用ラミネーターはロールフィルムを使い、サイズを問わず、連続運転が可能です。

業務用にはコールドラミネーターとホットラミネーターの2種類

安くて万能、コールドラミネーター

一般的なラミネーターはローラーの本数で仕上がりが変わります。ホームセンターで購入できますが、大体ローラー2本の簡易タイプになります。
■用途

・看板、ポスターなど屋外耐久、耐候性の強化
・ステッカーなど、片面商品の強化
★屋外掲示物はほぼコールドラミネートフィルムが使われています

■機械の特徴

・熱を使わない機械のため、安全に使える
・ホットラミネーターと比べて安価
・壊れにくく、メンテナンスをしていけば10年以上使える

■フィルムの特徴

・片面加工
UVカットフィルムがあり、色褪せが少ない
・光沢を抑え、芸術性が高く見えるマットラミがある
・熱を使わないため、紙以外にも使用可能
・主に70〜80μのフィルムで丸めて収納可能



★ここがポイント
塩ビや合成紙との組み合わせで、屋外使用が可能で、かつ耐久性が高いものが作れる。
UVカットのフィルムは耐光性が高く、長期使用でも色褪せせず、パウチにはない特性。
コールドラミネーターの価格を見てみる

ホット(パウチ)ラミネーター

一般的なラミネーターはローラーの本数で仕上がりが変わります。ホームセンターで購入できますが、大体ローラー2本の簡易タイプになります。
■用途

・メニュー表の作成
・紙ポスターの耐水性の強化

■機械の特徴

・熱をかけて、両面を挟み込む
・ホットだけでなく、コールドラミも兼用可能な機械が多い
・熱機能があるため、高価

■フィルムの特徴

・両面加工
・フィルムは耳付きの仕上がり
・パウチ加工のため耐水性を持つ
・100μの両面フィルムのため、厚く、硬い仕上がりになる



★ここがポイント
・家庭用のパウチラミと同じ、「紙」に耳付き加工、耐水性が上がるが、長期使用には向かない
・短期の屋外掲示物や、メニュー表に活躍
ホットラミネーターの価格を見てみる