昇華転写でバッグを作るときのテクニックや注意のページ

昇華転写でバッグを作るときのテクニックや注意のページです

お気軽にお問い合わせください

TEL0778-51-8578

9:30〜12:00/13:00〜17:00(土日祝日のぞく)

FORMお問い合わせ

24時間受付

お気軽にお問い合わせください

9:00〜18:00(土日祝日のぞく)

バッグの加工について(昇華編)

全てのポリエステル素材で可能か?

昇華転写プリントはポリエステル生地またはポリエステルコーティングの商品に印刷可能です。バッグの素材の判別について

表面加工が施されているポリエステル素材は注意・工夫が必要となります。

例:高温の加工時に変形する場合がある
昇華転写は180度〜200度、45秒〜60秒の加工が必要です。素材によってはつぶれたり、溶けたりする可能性があります。
転写紙やプレス機の調整などでも出たりでなかったりしますので、テストをしてみてください。


生地の表面加工と未加工の見分け方

昇華転写プリントはポリエステル生地またはポリエステルコーティングの商品に印刷可能です。バッグの素材の判別について

そのまま加工しても問題がないものが多いタイプは、慣れてくるとわかりますが、初見ではわかりづらいです。
こちらの商品がおすすめ

一度加工してみた方が良いタイプ
・オフホワイト、ナチュラルホワイト
・表面がナイロンのようなテカリがあるもの
・硬めで形状維持されているもの


実際どうすればいい?

昇華転写プリントは温度が下がれば下がるほど、時間が短ければ短いほど転写時の色が薄くなります。

.謄好箸鬚垢
加工可能な温度と時間を調べる
180度〜200度 45秒〜60秒の間で調べると良いです

※温度が下がれば下がるほど、時間が短ければ短いほど転写時の色が薄くなります。

多少表面が変形することを前提で加工する

一部をプレスするとプレスした場所としていない場所の差がわかりやすいため、全面をプレスする。
→加工時のコツへ


バッグなどの加工時のコツ

バッグの昇華転写プリント加工時、厚手の商材を入れて段差をなくします。耐熱性のゴムが必要です。

プレス加工時は中に、厚手の耐熱性のゴム、またはそれに準ずるものをいれてプレス加工してください。
※写真は厚手の冊子を入れています。プレス後のインクの移りには気を付けてください。

・マチや縫製の段差を消すことが出来る
・プレスでの表面の違いが少なくなる

プレス後変形してしまう生地に昇華をする場合、全面を変形させてしまい、違和感を消すという方法があります。
ただし、大きく形状が変形してしまう場合はこの方法が取れませんので、加工して許容範囲かどうかの確認をしてください。


バッグなどの加工時のコツ

昇華転写プリントはポリエステル生地またはポリエステルコーティングの商品に印刷可能です。全面加工で違和感をなくします。

プレス後変形してしまう生地の場合には、全面を変形させ、全体的にプレス後の違和感を消すという方法です。
ただし、表面が大きく変形してしまう素材の場合、加工後が許容範囲かどうかの確認をしてください。


内部の保護対策

昇華転写プリントではシリコンペーパーが必須アイテムです。

熱をかけて変形する生地や、中がくっついてしまうような生地には、シリコンペーパーを利用することをおススメします。
※シリコンペーパーの代わりにクッキングシートも利用できます。


昇華転写プリントではシリコンペーパーが必須アイテムです。

上記のようなバッグの内側が、熱で溶けてくっついてしまう事故を防ぐことができます。

カートの中身0

現在、お買い物かごに商品は入っておりません。