熱転写シートや昇華転写紙、その他溶剤用資材や、オリジナルグッズの無地素材、グッズを作る大型、小型の機械やシステムなどを販売しています【電脳ザウルス】

お気軽にお問い合わせください

TEL0778-51-7132

9:30〜12:00/13:00〜17:00(土日祝日のぞく)

一般的なラバーシートの加工について

プリント用カッティング用では工程が異なりますので、それぞれの一般的な加工を紹介します。
特殊なラバーの加工方法はこちらで紹介しています。
 

プリント用ラバーシート(溶剤インク用ラバーシート)

プリント用ラバーシートの流れは下記のとおりです。
特定の場合やラバー(特殊なラバー参照)を除き、アプリを貼る作業が必要です。
溶剤用プリント&カットのラバーシートの加工方法
 

印刷(プリント)&カット

溶剤用のプリンタで印刷を行いプロッタでカットをします。

溶剤用のプリンターで印刷をし、カッティングプロッタ等の機械でカットをします。
一度に加工できるプロッタ付きの溶剤プリンタもあります。
カット時は、乾燥が必要な場合があるため、ラバーシートの仕様書に従って作業をしてください。

カス取り

カッティングラバーを見るためのサンプルブック

不要部分を取り除きます。Siserのラバーは一般的にカス取り時の作業性が高く評価が高いポイントです。

アプリケーションシート加工

カットの後アプリケーション加工です

アプリケーションシートを貼る作業では、空気が入らないように気を付けます。
その際、下記のように、アプリケーションシートの糊側を上にし、ラバーシートを上から落とすようにすると綺麗に貼ることが出来ます。
 


カッティングラバーを見るためのサンプルブック

カッティングラバーを見るためのサンプルブック

カッティングラバーを見るためのサンプルブック

プレス加工

位置合わせとプレス

アプリの糊面を加工生地の上に置き、位置がずれないようにし後はプレスするだけです。
家庭用アイロンでも加工可能ですが、温度、圧力、時間のうち、特に温度と圧力に気を付けて加工してください。
上記の温度と圧力が欠けた場合、剥がれやすくなります。

プレス後の剥がし加工

剥がし作業

プレス後の剥がしの注意点は1点。
熱いうちに剥がすのか、冷ましてから剥がすのか必ず仕様書で確認をすることです。
剥がすタイミングを守らないと、剥がすことが出来ないため注意が必要です。

カッティング用ラバーシート

カッティング用ラバーシートの流れは下記のとおりです。
シートには耐熱アプリがついた状態ですので、アプリケーションシートは不要です。
データを反転して糊面をカットしますので注意が必要です。
カッティングラバーの加工手順です。
 

カット

剥がし作業

機械でカットします。
プロッタは小さなプロッタでも問題ありません。一般的に、ラバーシートの規格が500〜750程度になりますので、そのサイズのプロッタがおすすめです。
 

カス取り

剥がし作業

ラバーのカス取り時、剥がしづらい場合は少し温めてください。
剥がしやすくなります。
 

プレス

剥がし作業

この工程はアイロンでも可能ですが、アイロンの場合はプリントラバーと同じく、圧力と温度に注意してください。
弱いまたは温度が低いと剥がれやすくなります。
 

プレス後の剥がし加工

剥がし作業

プレス後の剥がしの注意点は1点。
熱いうちに剥がすのか、冷ましてから剥がすのか必ず仕様書で確認をすることです。
剥がすタイミングを守らないと、剥がすことが出来ないため注意が必要です。