ラバーシートや昇華転写紙、その他溶剤用インクジェットメディアなど資材や、大型、小型の機械やシステムなどのご提案をいたします【電脳ザウルス】

お気軽にお問い合わせください

TEL0778-51-8578

9:00〜18:00(土日祝日のぞく)

FORMお問い合わせ

24時間受付

お気軽にお問い合わせください

9:00〜18:00(土日祝日のぞく)

熱転写ラバーシートとは

アイロンプリントシート、熱転写シートの使い方のサンプルです。
熱転写ラバーシートとは約160度の温度とある程度の圧力をかけることができる業務用の熱プレス機を使用して、様々な素材に熱圧着ができるシートのことを指します。
アイロンプリントシートや、熱転写シート、熱転写シート、ラバーシートなど様々な名称で呼ばれています。
ホットメルトタイプ(熱で溶けるタイプ)の糊がシートの転写面に加工してあり、高温でラバーシートをプレスすることで、糊が熱で溶け、ラバーシートが生地にくいつきます。転写する表面の素材(ポリエステルや綿など)によって、圧着できるラバーシートが異なります。
プリントタイプの熱転写ラバーシートの中には、糊面に印刷するものがあったり、メーカーによっては2度プレスが必要であったりと、同じようのシートでも加工方法に違いがあります。

熱転写ラバーシートについて

熱転写ラバーシートとには、
1:プロッタでカットして使う単色の熱転写ラバーシート。
2:溶剤用のインクを使って印刷後、カットして使う溶剤用の熱転写ラバーシート。
3:家庭用プリンタ(水性顔料・染料)のインクで印刷して使う家庭用のアイロンで行う、俗にいうアイロンプリントシート。
4:トナーを使うレーザープリンタで印刷したものを転写するシート
など様々なシートが用意されていますが、それぞれに合った方法、(プリンタ、インク、シート)を使わないと綺麗に印刷したものが熱転写できません。

単色のカッティング用ラバーシートについて

単色の熱転写用カッティングラバーです。単色のラバーは様々な効果があり、1Mから買えて経済的です。
カッティングプロッタと合わせて使うことができる「カッティング用途」のラバーシートです。
どれも特徴的なラバーシートで、単色のラバーシートや特殊な表面加工されたラバーシートがあります。
単色の特徴はラメ入り
や、金銀など印刷では出せない色や、フロッキー素材など独特な表面があるラバーシートが多いです。

溶剤インク用の熱転写ラバーシートについて

溶剤インク用の熱転写ラバーシート
溶剤インクを使って印刷するオリジナルのラバーシートです。
溶剤の4色カラーで印刷ができ、カッティングでは表現できないイラストや写真をラバーシートに表現できます。
主に衣類が多く、日常生活の中に非常に浸透している商品です。どのメーカーも基本は、「綿、ポリエステル用」と「ナイロン・撥水加工用」と「昇華防止用」と3種類があり、印刷時の取り扱いのしやすさ、薄さ、加工のしやすさ、耐久性などにポイントを置いて製造されています。

熱転写ラバーシートが加工されたグッズについて

一般的には衣類が多く、日常生活の中に非常に浸透している商品です。
普通のTシャツだけでなく、パーカーやトレーナーといった厚い素材。サッカーやバスケットボール、野球、自転車競技など競技ユニフォームといった良く伸びるドライ素材、また水着のような伸びて、耐候性を求められる素材などに使われています。
熱転写のラバーシートは、衣類以外であれば、トートバッグや帽子など、身に着けるものに使われることがほとんどです。

カートの中身0

現在、お買い物かごに商品は入っておりません。